月曜日の朝から衝撃的なニュースが。

ファビオ・ペッキア監督が家庭の事情で退任することが発表になりました。合わせてマルコ・ヴィスコンティ両コーチも退任が発表されました。

確かに今期はここまで苦しい戦いが続きましたが、鹿児島戦、大宮戦でやっと復調の兆しが見えてさあこれからというときに、ここで指揮官が去ってしまうのはとても残念です。一部ではイタリアのユベントスU23のチーム監督へのオファーがあったとかないとか。「家庭の事情」ということですが、シーズン3分の1終わった段階で、この時期で辞意を伝えられるとチーム事情としてもかなり苦しいですね。複雑な思いはありますが、ファビオ、マルコ、ヴィスコンティの3人にはアビスパに来てくれてありがとうと伝えたいです。


そして後任ですが、時間もないし、お金もないし、時期が時期だけに案の定といいますか、内部昇格ということで先ほど久藤清一コーチの監督就任が発表されました。合わせてU18の藤崎監督、宮本亨コーチのトップチーム昇格が発表されました。整理しますと

トップチーム
監督 久藤清一 New
コーチ 藤崎義孝 New 
コーチ 宮本亨 New
GKコーチ 塚本秀樹
テクニカルコーチ 有江卓

こんな感じでしょうか。監督コーチほぼクラブOBで固めておそらくこれでシーズン終了まで臨むと思います。(フィジカルコーチいないのが気になりますが、あとはU18の後任も)決まってしまった以上、もう何を言っても仕方ないですが、緊急事態とはいえ、トップチームの体制を見ても未経験なところが多いので、この先もまだ厳しい戦いが続くかと思います。


こんな状態でバトンをもらいたくなかったと思いますが、久藤監督には頑張ってほしいと思います。初陣となるアウェイ水戸戦。なんとか勝ってレベスタに帰ってきてもらいたいと思います。