本日はアビスパDAZN部でした。2019年以来のヨネックスダービーは最高の試合となりました。

IMG_0218

スタメンです。ルヴァン杯フル出場だったジョンマリがベンチ外。代わりにルヴァン杯出場停止だったフアンマがサブに。さらに怪我だった山岸と杉本太郎もサブに戻ってきました。


試合は開始1分。柏のショートコーナーから一度は跳ね返すも、跳ね返りを柏MF仲間が遠目からシュート!これを村上が弾くも詰めていた柏FW呉屋がこぼれ球をシュート!しかしこれも村上がセーブして得点を許しませんでした。


39分クルークスが仲間と接触して倒れます。一度起き上がりましたが、その後のプレーでベンチに交代を要求。43分杉本太郎と交代します。


なんとか柏の猛攻を凌ぎ、前半も終わろうかと思われたアディショナルタイム。柏のスローインから抜け出した柏MF神谷のクロスに呉屋が合わせるもグローリが間一髪でシュートコースに足を出して防ぎ、得点を許さず。前半はスコアレスで終わりました。


後半は開始早々の48分。サロモンソンのCKに志知が頭で合わせてゴールイン!アビスパが先制します。志知は移籍後初ゴールとなりました。


59分渡を下げてフアンマを投入。アビスパも肉弾戦で対抗します。これに対して柏は北爪を下げてルヴァン杯で得点を決めたアンジェロッティを投入し3バックから4バックへ。さらに飲水タイム後には神谷を下げてドッジを投入。4-1-3-2のような形となり、ここから柏が猛攻を仕掛けます。


81分アビスパは3枚替えを敢行。ブルーノメンデス、田邉、金森を下げて山岸、重廣、宮を投入。5バックにします。89分。前のロングフィードを柏のDFが跳ね返すと、そのこぼれ球をフアンマが拾います。フアンマはドリブルで柏DF陣を抜き去り、キム・スンギュと1対1になるもシュートはゴール右に逸れて追加点ならず。

AT6分が過ぎて試合終了のホイッスル!アビスパが柏を下し、クラブ新記録となるJ1リーグ4連勝を達成!前日名古屋に敗戦したC大阪を抜き6位に浮上しました!


<21年ぶりの勝利>
今日の勝因としては前半を0で抑えたことですね。呉屋に何度も決定機を作られながら、村上とグローリの活躍でなんとか前半を凌いだことが勝ちにつながったのかなと。

決勝点となった志知のゴールですが、その前に前半のCKで1も回志知に合わせて惜しいシーンがあったので、それが布石になったのかなと。


先制点を奪うとフアンマを投入しましたが、今日の家本レフェリーの基準ではそこまで笛吹かないようだったので、そこそこマイボールにできたので、この投入は効いたかなと。ただ89分のは決めて欲しかったですね。


柏はアンジェロッティ投入で3バックから4バックにしましたが、アビスパとしては3バックに苦戦していただけに柏がアビスパと同じ4-4-2にしてきたのでアビスパとしては助かったかなと。ただドッジ投入で前がかりになった時は柏がボールを支配して攻めてくるのでヒヤヒヤしました。最後は5バックで守りきり、柏に勝利することができました。柏戦勝利は21年ぶり。2005年の入れ替え戦や2019年のドローなど嫌な試合しか思いだせませんが、それを今日の勝利で払拭できたかなと思います。


<11連戦は4連勝締め>
そして今日の試合で4月頭からの11連戦が終了。札幌に敗戦して前途多難かと思われましたが、大阪2連戦と負けましたが川崎戦で自信をつけ、最後はリーグ戦4連勝。カップ戦含めて7戦負けなしという最高の形で11連戦を終えました。


ここからやっと1週間空きます。これまでの相手は個人的には格上と思っていて、勝ち点取ることができたらラッキーかなと思ってましたが、次からは仙台、横浜FC、湘南、大分との4連戦です(間にルヴァン挟みますが)この4試合は是非とも勝ちたいところです。

この4連戦を物にするものなら、残留どころかさらに上を目指すことができると思うので、まずは手倉森監督率いる仙台ですね。この4連勝の勢いで次の4試合も勝ちましょう!