本日は仕事でしたが、休憩時間が被って75分くらいから見始めました。ドラマティックな幕切れに興奮してその後は仕事どころではありませんでした(笑)

IMG_0271

スタメンです。前節負傷したクルークスがベンチ外。ジョンマリとブルーノメンデスの2トップで控えにフアンマ、山岸というスタートでした。


前半は村上のビックセーブ連発でなんとか前半をスコアレスで折り返すと、82分にサロモンソンが金森とのワンツーから最後はフアンマにいいグランダークロスを送りますが、フアンマの左足シュートは前節に続きまたも枠を逸れます。


引き分け濃厚と思われた後半アディショナルタイム。FKを得るとすぐにリスタート。志知に渡り、志知のクロスがクリアされるも、クリアボールが誰かに当たって跳ね返り、その跳ね返りを最後は渡がシュート!これが決まるも、線審はオフサイドの判定。しかしVARでチェックすると、相手のクリアボールがフォギーニョに当たったことが確認されたため、オンサイド!オフサイド判定を取り消し、渡のゴールが認められ、アビスパが土壇場で先制します!


その後アディショナルタイムは進み、100分をすぎたところで、試合終了のホイッスルが鳴りました。1-0で手倉森監督率いる仙台に勝利し、クラブ新のリーグ5連勝!5位に浮上しました!


<渡大生待望の今シーズン初ゴール!>
長谷部監督が試合後コメントした通り、この試合どっちに転んでもおかしくなかったですね。その中でこの連勝中、攻守で効いていたけど、点が取れてなかった渡に得点が生まれたのが良かったですね。決勝ゴールの前にも右から1人でかわしてあわやゴールイン?いうシーンもありました。これまで惜しいシーンはたくさんあったのですが、大事なところでようやく決めてくれた。


あとはなんといっても村上のセーブでしょうか。前半だけでなく後半もマルティノスのクロスからの赤崎のボレーシュートもセーブしてました。どれかひとつでも入ってたら展開的に苦しかったかもしれないですね。さすが村神だったと思います。


上位陣と違って下位のチームは引いてくることが多いので、今日は結構苦戦したかなと思いますし、今後もそういうチームとの対戦が続くので、引かれた相手に対してどうやって点を取るのかというところが今後の課題になってくるかなと思います。


それでも今日のようになんとか勝ちきった今のアビスパは強いと思います。去年の12連勝を見ているようです。この勢いは続けたいところですよね。


さて次節は水曜日に消化試合になったホームでのルヴァン杯の鳥栖戦。そして土曜日にはホームで湘南戦です。湘南はウェリントンと石原広教がベススタ凱旋します。特にウェリントンはアビスパ退団後に戦うのがおそらく初めてじゃないかなと思います。手倉森仙台とはまた違いますが、こちらも絶対に負けたくない相手です。

余談ですが土曜日の湘南戦は管理人の誕生日です。アビスパから勝利という名の誕生日プレゼント期待します(笑)