本日はBSの放送がありましたが、管理人はDAZNの方で視聴しました。

j120


スタメンです。ジョンマリが復帰。奈良の出場停止で宮がスタメンに、そして左SBには湯澤が入りました。


試合は11分浦和DF西からのパスを受けた浦和の小泉が前のスライディングを交わしてミドルシュート。これが決まって浦和が先制します。0-1で折り返すと後半はアビスパが惜しいシーンを作りますが決めきれず。そして76分。浦和のCKをニアで明本にヘディングで決められて追加点を決められます。さらに79分サロモンソンがペナルティーエリア内で汰木を倒してPK献上。キッカーはユンカー。ユンカーは真ん中に蹴ると村上は動かずに見事ストップ!さらにこぼれ球を槙野がシュートも再び村上がストップ。3点目を許しません。しかしアビスパも得点は奪えず試合はこのまま終了0-2で敗戦。3連敗となりました。



<完敗>
まず先制点となる小泉のゴールは小泉を褒めるしかないですね。先制点を奪われるとアビスパもなんとか前にボールを運ぼうとしますが、山岸・ジョンマリが勝ってもセカンドボールを拾えないので、うまくいかないときの停滞感が今日も出ました。


後半はうまくプレスをかけてパスミスを誘ってマイボールにして、惜しいシーンを作ったのですが、ここで同点にできなかったのがひとつのポイントでしたね。浦和の2点目となる明本のゴールはニアでストーンの役割をしていたジョンマリの前に入られたので、それじゃストーンの意味が~と嘆きたくなります。2点目を入れられた段階で今日はもう厳しかったかなと。


それでも村上のPKストップはお見事でした。真ん中蹴ると予想して動かなかったのは勇気のいることじゃないかなと思いますが、前節のイニエスタのPK効果だったのかなと思います。しかしながら試合を通してほとんど何もさせてもらえなかった、スコア以上に差があった試合でした。完敗だったと思います。

 
<3連敗>
これでリーグ戦3連敗となりました。3連敗全て先制点を許しているし、全て2失点しています。良かった時の堅守というのが今はないですね。それはやはり6連勝を経験して相手チームも警戒するようになり、対策をたてられてしまっているということなので、ここをまたひとつどう乗り越えられるかですね。課題は守備だけでなく、むしろ攻撃のところですね。相手からプレスをかけられるとGKへ戻し、GKのキックで山岸やジョンマリに落とすもセカンドが拾えず相手にボールが渡る。この繰り返しです。ここをもう少しどうにかしないと難しいですね。



そしてやはり志知に加えて田邉も不在というのが状況的に厳しいです。特にここ最近ボランチは重廣が入ってますが、田邉に比べると物足りないですね。今日最後杉本太郎を中盤にするくらいでしたからね。前寛之も累積リーチなので、前寛之も田邉もいないとなると重廣、カウエ、森山で何とかするしかないですし、カウエ入れるなら他の外国人選手を外さないといけないので、可能なら日本人のボランチの補強をお願いするしかないですね(お金があるかどうかはわかりませんが)


左SBは湯澤が入りました。守備面では妥当でしたが、やはりクロスの質を考えると途中から出てきた輪湖のほうが可能性はあったので、やはり両方の実力を兼ね備えた志知がいないのは痛いですね。あと個人的にはジョンマリはベンチで途中からの起用が良かったかなと。ブルーノメンデスと渡は頭から使いたいし、金森も前で使ってみてはと感じました。


とりあえず次のリーグ戦の横浜FM戦までに二人が戻ってくることを願うばかりです。(次のリーグ戦まで2週間あるのがまた幸いです)その前に7月7日の水曜日に天皇杯の鳥栖戦があります。カップ戦ですが、負けられない相手なのでぜひ勝ってそのあとの横浜戦に臨んでくれたらと思います。


明日は今季初のエリートリーグ琉球戦があります。試合に出ていない選手たちがどれだけアピールしてくれるか楽しみです。


はあ~この沈んだ気持ちで明日から仕事はしんどいですね。がんばりましょう(笑)